手打ちパスタの作り方

卵のフェットチーネ

ロングの生パスタは高圧押出しで作る方法と、ロールで徐々に圧延して作る方法と二通りあります。

弊社のように業務用で生パスタを卸す場合、なかなか手作業だけで作れませんが、たまに学校で手打ちパスタを教えるのも楽しいもの。子ども達の喜ぶ姿に何だか癒されます。

kenichi

fet

今回作った生パスタ卵のフェットチーネ、弊社の人気商品ですが手打ち用に配合を変えてあります。手打ち生パスタ 卵のフェットチーネのレシピ
【材料は4人前】

  • 強力粉         160グラム
  • 中力粉         160グラム
  • デュラム小麦のセモリナ  80グラム
  • 卵(M玉)        4個

小麦配合

(1)事前に小麦粉を配合します。
   計量は正確に!

手洗い

(2)まずは手洗いから。清潔第一!

生パスタの説明

(3)社長の説明に皆さんが熱心に聞き入ってます。

ミキシング

(4)小麦粉に生卵を加え、10~15分程度こねます。

ミキシング

(5)初めての感触にドキドキ。

こねる

(6)生地がまとまったら台の上でしっかりとこねます。

社長

(7)折り返してはこね、折り返してはこね・・・

こねあがり

(8)上手にまんまるの生地が出来ました!

熟成

(9)ビニールにくるみしばらく熟成させます。

製麺

(10)生地を4等分したら、1つずつパスタマシンで薄く伸ばしていくます。

製麺

(11)薄く伸ばしたら、フェットチーネの刃で切り出します。

製麺

(12)あちこちで生パスタが出来上がってきました。

生パスタ作り

(13)生パスタが切りだされる様子が楽しい♪意外と力が必要です。

生パスタ完成

(14)切り出した生パスタは打ち粉をし、くっつかないように少し乾かします。

生パスタ完成

(15)上手にできました!後は冷蔵保管して、一両日中に召し上がってくださいね。